デートでお出かけした時に写真をとるのはよくあることですが、
夜景がキレイに写っていなかったり
手ブレしちゃってて台無しになった…なんて事はありませんか?

特にこの季節はイルミネーションがとってもキレイなスポットが多いので
デートでイルミネーションを見に行ったら
キレイな写真で思い出に残したいですよね?

[cc id=325]

イルミネーションをスマホで撮る時の設定

夜の写真撮影でよくあることですが…
キレイな夜景やイルミネーションをスマホで撮影したら
実際に見えているような写真ではなく
鮮やかさのない暗い写真が出来上がってしまうことってありますよね?

暗い写真に出来上がっちゃう理由は光を取り込む量が少ないからです。
でも、じゃぁ、明るい設定にすると今度は手ブレを起こしちゃう…

どうしたらいいの?ってイラつきませんか?
私はジレンマに陥ってイラつきました。

三脚を使って写真を撮れば問題解決なのですが
特に写真が趣味じゃなかったり
イベントや人の多い場所では三脚を使ってゆっくりとスマホで写真を撮るなんてことは難しいですよね。

女性指差し

スマホの設定と注意点は

    1. フラッシュは使わない
    2. ズームしない
    3. 露出補正は明るく
    4. HDR機能を使う

デートに出かける前にちゃちゃっと設定だけすませておけば
いざスマホでイルミネーションを撮る時に慌てずにすみますね。

三脚なし・手ぶれせずにイルミネーションを撮影するコツ

三脚を使わないでスマホでイルミネーションを手ブレしないで撮る時には
スマホの持ち方・撮影する姿勢がポイントです。

スマホの持ち方はレンズに近いところを持つか
スマホをホールドするように全体をしっかりと持つ事がおすすめです。

姿勢はスマホを持っている手(腕)のひじは脇をしっかり閉めておくこと。
自撮りとかでスマホを持った手を伸ばさないといけない場合には
スマホをストラップで首からかけてピンと伸びた状態で撮ることがいいと思います。

[cc id=329]

恋人とツーショットを自撮りする時には体を支えてもらいながら撮ると手ブレ防止になります。
仲良しツーショットも撮れるし、2人の距離も縮まるので
これは使えそうですよね。

手ブレ防止にはシャッターを切る時でも工夫ができます。
だいたいスマホでサ野心を撮る時に手ブレが起こるのはシャッターを切る時じゃないでしょうか?

スマホのシャッターはボタンを押すのではなく、
ボタンから手を放してシャッターを切るようにすると手ブレ防止になります。
シャッターボタンを押した状態でアングルを決め、
これでOKというアングルになったらボタンから指を離すだけです。

スマホのシャッターボタンを離してシャッターを切っても手ブレが心配なiPhoneユーザーの人は
iPhone本体の横にある音量“+”ボタンやイヤホンの音量“+”ボタンでシャッターを切ってみるのもおすすめです。

無料・手振れ補正あり、イルミネーション撮影カメラアプリ

色々と試してみたけど、手ブレが気になるし、全然キレイに撮れないという場合には
カメラアプリを使ってみるのもおすすめです。

有名なのは「Camera+」という高性能のアプリもありますが、有料です。

無料・手振れ補正あり、イルミネーション撮影カメラアプリ

無料で夜景・イルミネーション撮影に適してて手ぶれ補正とかの機能があるカメラアプリでおすすめなのは次の2つ!

夜景カメラ2

夜に写真を撮った時に見たままの感じで明るい色の写真が撮れると評判が良いです。
他にも手ぶれの修正もしてもらえるのは嬉しいですよね

マイナス点として、無料版は大きなサイズの写真は保存できません。
でも、普通に記念写真で撮影して後日見返すには十分だと思います。

camera Awesome

写真を撮った後の編集機能の充実がおすすめする理由です。
夜景やイルミネーションを撮った後に調整するとキレイな写真になります。
手ブレに関しては手ブレをしていたとしても、手ブレが止まった一瞬を逃さずシャッターを切ってくれるので便利です。

他にも便利だなと思った機能は「ビッグボタン」という機能で
画面のどこに触ってもシャッターになる機能です。
手が小さい女性とかにおすすめです。

 

クリスマスデートでイルミネーションや夜景をスマホで撮影した後は
写真をそのままスマホに保存しておいて
あとで2人で見たりして楽しむのも悪くないですが
2人の思い出のアルバムを作ってはどうでしょうか?
スマホからでも簡単に作れて、冊子タイプたカレンダーにすることもできるのでおすすめです。

おすすめの記事