大晦日の年越しそばはいつ食べるのが正解?おすすめの時間とNGな時間

大晦日には年越しそばは食べる風習は日本人の多くが行っている風習のひとつですね。
でも、年越しそばっていつ食べるのが正しいんでしょうか?

有名なお蕎麦屋さんに行列して今年最後のお蕎麦を楽しんだり、
お昼ごはんがお蕎麦だったり
除夜の鐘を聞きながら年越しそばを食べる…

その人や家庭によって色んな時間帯やスタイルで
年越しそばが食べられています。

本当はいつ食べるのが年越しそばとして正しいのか気になりませんか?


大晦日の年越しそばはいつ食べる?

大晦日の何時頃に年越しそばを食べるのかというと…

2015年にライフメディアが行った年越しそばに関するアンケートによると

今年の大みそかに年越しそばを食べる?
食べる69% 食べない13.6% 未定17.4%

年越しそばを食べるタイミングは
昼食7.1%
夕食57%
除夜の鐘がなる頃35.5%
その他0.4%

年越しそばに関するアンケート

http://lifemedia.jp/everyen/entries/157

と多くの人が年越しそばを大晦日に食べて、食べる時間は夕食としてというケースが多いことが分かりました。

では、昔からの風習なので何か文献に時間帯とか記されていないのかと調べてみると
「大晦日の晩に食べる」ということしか書かれていませんでした。

年越しそばとして食べるのは夜という事らしいのですが
詳しい時間までは書かれていないということは
縁起物として考えても年越しそばを食べるのに縁起物がいい時間帯というのもなさそうです。

健康の面から考えると寝る前には食べたお蕎麦が消化された方が良いですよね?
お蕎麦が消化される時間は約2時間半と言われています。
なので、食べてから寝るまでに胃が空になる3時間前ぐらいまでに食べることがおすすめです。


大晦日の年越しそばを食べるのに縁起が悪い時間

年越しそばを食べると縁起が良いとされている時間はありませんが
実は年越しそばを食べると縁起が悪いとされている時間はあります。

年越しそばを食べるのに縁起が悪いと言われている時間帯は以下の2つです

  • 年をまたいで食べる
  • 年が明けてから食べる

年をまたぐと前年の苦労や災厄を新年に持ち越してしまうと考えられたことから由来しています。
縁起の面から考えると12月31日23時59分までに食べ終わっていたいですね!

年越しそばを食べるタイミングは地域によって違いがある

年越しそばを大晦日に食べることが一般的とされていますが
地方によっては年越しそばを食べるタイミングに違いがあるそうです。

会津地方(福島県)では「元日そば、二日もち、三日とろろ」という言葉があり
年が明けた元旦にお蕎麦を食べる風習が残っている所もあります。

また、新潟でも「十四日蕎麦(じゅうよっかそば)」といって
お蕎麦は大晦日ではなく、元旦や小正月の前日にお蕎麦を食べる風習が残っている所もあります。

このように年越しそばを大晦日ではなく除夜の鐘聞いてから食べる地方も少なくないようです。
日付をまたいで食べるお蕎麦は年越しそばではなく、
「ついたちそば」・「元日蕎麦」などと言われています。

さらに北海道では大晦日におせちと年越しそばを食べるようですよ?
*お腹いっぱいでお蕎麦は食べられないので後回しという人もいるそうです。

年越しそばには「年越しそば」以外にもいくつかの呼び方があります。
上記のように日をまたいで食べるお蕎麦は「ついたちそば」や「元日蕎麦」
長寿や身代が細く長く伸びることを願い食べる場合には「寿命そば」「のびそば」
前年の災厄や苦労を断ち切ること意味で食べる場合には「縁切りそば」「年切りそば」と
意味によって異なる呼び方があります。

ということは、年越しそばを食べる時間やタイミングは
それぞれのタイミングでも問題はないのではないかと思います。

ただし、前年の災厄や苦労を断ち切りたい場合には日付をまたいだり、年が明けてからは避けた方が良さそうです。

スポンサーリンク